「学生がお金を借りる」
ということに対してどのように思いますか?

「なにか悪いことでもしてるんじゃ…」
「学生の本文は勉強なはずなのに何でお金が必要なの?」
「バイトでもすればいいじゃん」

こんな感じの意見が出てきそうですね。

そうは言っても学生でも何かとお金が必要なときってあるんですよ。

「何にお金を使うことがあるの?」

高校生のときとは違って制服じゃなくて私服で通学するわけですから
安くてもそれなりにトレンドを抑えたものを身に着けたいですよね。

そういったものを購入するためにバイトをしていたとしても
毎月せいぜい数万円程度にしかならないわけですよ。

突発的なイベントなんかがあったりしたら「どうしても足りない」
といった場面にも当然出くわします。そんなときに瞬間風速的に
少額のお金を借りれれば…となるわけです。

ただ「お金を借りる」といっても学生という身分で借りることができるのだろうか
といった不安はあるわけです。

何かと条件はありますが借りれます。

その条件というのが…

20歳以上であること
②アルバイトなどで安定した収入があること

アコムやプロミス、アイフル、モビットといった消費者金融系でも
AKB48のメンバーがCM出演しているレイクといった銀行系カードローンでも
上記の点をクリアしていれば申込みすることはできます。

そして、余程のことがない限り審査も通って借り入れできるでしょう。

しかし…
すでにどこかで借りていて返済が遅れたことがある
借入金額が高額である

このような場合は審査に通らなかったり、希望した金額を借りれない
可能性が高くなります。

あくまでも、瞬間風速的に少額を借りるという使い方をしないと
返済に困るだけですし、親にも迷惑が掛かるかもしれません。

この記事を読んで
「よっしゃ、学生でも借りれる」
となって無計画にお金を借りるのはどうかと思います。

まあ「学生」「アルバイト」という属性ではどこもそれほど貸してくれませんけど…

親に相談できず、どうしてもお金が必要なときは返済を視野に入れて
お金を借りるということだけは絶対に忘れないで下さいね。