非正規社員のアコムの利用

アコムを利用する人は、正社員だけではありません。

一般的な消費者金融のイメージとしては「正社員じゃないと利用できない」と思われていますが、所定の条件さえ満たしてしまえば、たとえ正社員じゃなくても利用することは可能なのです。

ここでは、正社員以外の方がアコムを利用することについてお話します。

まずは、派遣やアルバイト、契約社員と言った非正規社員の場合について見てみましょう。

派遣社員の場合

「派遣だしどうせ利用できないんじゃないか」とあきらめモードになりがちですが、審査を申し込む前から、そこまで心配する必要はありません。

なぜなら、アコムでキャッシングが利用できるかどうかは、審査に申し込んでみないと分からないからです。

派遣社員でも一定の収入があればアコムに申し込むことができるのです。

派遣社員と一言で言っても、昨今では色々な職種の仕事もありますし、特定のスキルを求められるような職種では正社員よりも高い給料をもらえることもあります。

ですので審査次第では、想像していた金額以上の融資が認められることもあるのです。

契約社員の場合

世間では、契約社員という肩書きについて、そこまで悪いイメージはなく、ほとんど正社員と同じようなものとみなされます。

契約社員の場合も派遣社員同様に雇用形態だけでマイナスの査定になることはありません。安定した職に就いていて、安定した給料をもらっているのであれば、審査に通る確率は上がります。

自営業・個人事業主のアコムの利用

自営業個人事業主の方々は、会社に雇われずに自身で収入を稼いでいます。

このような職種の方は、古い見方からすれば「会社に雇われていないので不安定だ」と見られることもあります。

しかし、昨今では社会状況が変わり、正社員でも安定しているとは言えません。

また、自営業や個人事業主といっても状況次第では正社員以上の稼ぎがあることも決して珍しくはありません。

では、このような方々がアコムに申し込みをするとなると審査などの面ではどのように評価されるのでしょうか。

結論から言うと・・・

自営業や個人事業主の方々も安定した収入があれば申し込むことができます。

ただ、正社員と比べるとどうしても引っかかってしまう点があります。
それは、会社から給料をもらっていないということです。

収入は会社に頼らないで自力で稼ぐことになるので、どうしても不安定さが残るとみなされてしまうのです。

自営業や個人事業主の方は、このような偏見で引っかかってしまわないように予め確定申告のコピー収入証明書など、収入を客観的に証明している書類を用意することをおすすめします。

しかも、アコムを利用する際は急にお金が必要になったという動機で利用することが多いですから、予め日ごろから書類を準備しておく方が得なのです。

その方が急にお金が必要になった時に焦ることはありません。

収入を証明する書類は用意ができるまでにどうしても時間や手間がかかってしまうため
申し込み当日に用意するとどうしても慌ててしまうのです。

専業主婦もアコムが利用できるの?

これまで非正規社員のケースと自営業や個人事業主のケースについて見てきました。今度は視点を変えて専業主婦がアコムを利用できるかどうかについて見てみましょう。

専業主婦の場合、非正規社員や自営業や個人事業主の方にはないネックになるポイントがあります。

それはどういうことかと言うと専業主婦の方々は働いていないということです。

パートやアルバイトすらしていない状態ですが、それでもなお、ご家族の方の給料日前になると、「何とかして利用できないのか」と考えてしまいます。

専業主婦の方であれば、このような経験は少なからずあるでしょう。 このような場合、アコムで融資を受けられるのでしょうか。

専業主婦の場合・・・

結論から言えば、アコムを利用することは厳しいです。

というのは、専業主婦の場合、安定した収入がないので、アコムの融資の条件である「安定した収入のある方」という部分に当てはまらないのです。

そのため、専業主婦の方の利用は厳しいのです。

ただ、どうしても急にお金が必要になる場合がありますよね。

この場合は、ご家族の方に相談して、その方の名義で利用するのが最も早いです。もしそこまで急ぎでないなら、パートやアルバイトなどの職探しをすることがポイントになってきます。

給料日まで日にちはありますが、無職ではない状態になるのでアコムの審査における評価も変わってきます。

ある程度安定した収入があれば、主婦の方でも、融資の対象になることもあるのです。

水商売の方がアコムを利用する場合

不動産屋で賃貸物件の相談に行った際、水商売だからという理由だけで利用を断られてしまうことは決して少なくありません。

過去にそのような経験をしてきた方は「どうせ水商売だからアコムを利用するのは厳しいだろう」と感じてしまいます。

しかし、水商売の方でも働いて安定した収入を得ている方もたくさんいるのが現状です。 このような方は、アコムが定める「安定した収入のある人」という条件も満たしています。

アコムの審査では、まず職業が水商売だからという理由だけでマイナス評価になることはありません。

水商売をしている方は稼ぎの金額が比較的高い方も居ます。 そのような場合は、融資限度額が高めに設定されることもあります。

消費者金融による融資は総量規制という規定にのっとって融資されますが、収入が多ければ限度額もそれに比例することが多いのです。

※総量規制とは?


また、昨今の経済的不況のあおりもあって昼間の仕事だけでは収入が不十分な方も居ます。 

そのような場合、昼は会社員、夜は水商売というライフスタイルを送ることもあります。こういうダブルワークの場合でも、審査において特にマイナスになることはありません。

このような場合は、昼のお仕事の収入と、夜のお仕事の収入を合計した金額を、自分の収入として申告して良いので、収入面では有利になることがあります。

ただ、借り入れの件数が多かったり、延滞があったりすると審査ではマイナスになりますので注意が必要です。

年金受給者のアコムの利用

年金を受給しているがどうしてもお金が必要になってアコムを利用するに至るというケースもあります。

年金を受給しているということは、何かしらの収入を得ていることになるので融資については少額であれば問題ないように見えます。

しかし、年金をもらっているからと言ってアコムの融資の対象になるとは限りません。

では『年金受給者』の場合、アコムを利用することはできるのでしょうか。

『年金受給者』が融資を受けられるかどうかですが、これは申し込み希望者本人の状況によって変わってきます。

『年金受給者』と言うと、収入があるのでアコムを利用することができると考えられるかもしれませんが必ずしもそうではありません。

なぜなら、年金をもらっていても実際に働いていないのでアコム側としては安定した収入があるとみなすことができないからです。

いくら年金があるとは言えども職がない以上は利用は厳しいのです。

現在年金をもらっていて、なおかつ何かしらの職に就いているのであれば審査の対象となります。

職については正社員じゃなくても構いません。 アルバイトでもパートでも、安定した収入源があることが大前提です。

もし今の段階で職に就いていない場合は職を探すことからスタートしてみると良いでしょう。

年齢がある一定のラインを超えてしまうとなかなか厳しいかもしれませんが、それでも諦めずに探していけば努力が報われる時が来ます。

現在キャッシングができない状態であるとしても決して悲観することはありません。

無職でもアコムの利用ができる?

アコムでキャッシングを利用したいが、現在『無職』の状態であるというケースもあります。

現在、順調にお仕事をしていて安定した収入もあったとしても、いつまでも順風満帆とは限りません。昨今の経済的不況により急に失業してしまうことも決して珍しくはありません。 


もしくは、今後の更なるキャリアアップのために転職活動に励むこともあるでしょう。

いづれにしても無職の状態で求職する際は通常の生活費のほか交通費などもかかってくるので
かなりの出費が考えられるのです。

そんなお金に困る状態になったとき、キャッシングを利用するというのは選択肢の一つだと思います。

では『無職』の方がアコムに申し込むのは可能なのでしょうか。

結論から言うと無職の方はアコムで融資を受けることができません。

審査自体は受けることができますが、やはり厳しい結果になるでしょう。 なぜなら無職ということは、この段階でアコム側が言う『安定した収入のある人』という条件を満たしていないからです。

これでは収入源が全くないので返済の目処が立たず、アコム側としても返済のできないリスクが高いとみなしてしまうのです。

このように無職の方がアコムを利用しようとする場合、まずはアルバイトでも良いので仕事を探すことが大切です。

転職活動とアルバイトを並行するのは決して楽なことではないですが、アルバイトに就いているだけで給料が入ってきますから返済の目処が立つのです。

まずは収入源を自分で作ってみましょう。

外国人でもアコムは利用できるのか?

アコムに融資を申し込みに来るのは日本人だけではありません。外国人の方も申し込みに来ることがあります。

お金が急に必要になる状況というのは日本人でも外国人でもあることなので、外国人がアコムを利用したいことは至って普通のことです。

では、外国人の方がアコムを利用するのは、果たして可能なのでしょうか。

アコムとしては、外国人だからという理由だけで申し込みを断ることはしていません。アコムの定める「安定した収入のある人」という条件は日本人だけでなく外国人も満たす可能性があるからです。

アコムは、きちんと返済ができる方であることを条件に融資を行っています。

ですので『アルバイト』でも『正社員』でも安定的に職についていて定期的な収入を得ることができていれば、返済ができる範囲内で利用することは可能です。

ただ、外国人の場合ネックになる点があります。それは、言葉の問題です。

もしアコムの店頭に申し込みに行って日本語以外の外国語によるコミュニケーションが堪能な方に当たれば非常に運が良いでしょう。

しかし、アコムの店頭にいるスタッフのほとんどは日本語での対応となりますからアコムに申し込みをしたい外国人も日本語によるコミュニケーションに支障がないことが求められます。

契約書を交わすので『聴く』『話す』だけではなく『読み』『書き』ができることが必須条件となってきます。

「それじゃ通訳の人を介して契約すればいいんじゃないの?」と思われたかもしれません。

ただ、第三者が通訳をした上で申し込みをするということは『契約内容が第三者に漏れてしまう』ということで通訳を介しての契約は難しいということです。

また『永住権』を持っていることも求められます。

永住権がないと他の条件が良くてもアコムに申し込むことができません。

学生はアコムの利用はできる?

高校を卒業して、短大や大学や専門学校に入学すると人付き合いやライフスタイルが急激に変化します。

関わる人間関係の幅も行動範囲も格段と大きくなるのに比例して必要なお金も多くなってきます。

多くの学生は生活費などのためにアルバイトをしてお金を稼いでいますが、それでもお金が足りなくなることは珍しいことではありません。

そんな時「学生でもキャッシングって利用できるの?」と考えることもあるでしょう。

では『学生』がアコムを利用することはできるのでしょうか。

学生の場合、条件があります。

まず『年齢』です。 アコムでは、満20歳になって初めて利用資格を得ることになります。

高校卒業後の学生の中には18歳や19歳など20歳に満たない学生もたくさんいます。 そのような場合、申し込みをすることができないので、もしアコムに申し込みをしたいのであれば20歳になるまで待つ必要があります。

どうしてもすぐにお金が必要な場合は『学生ローン専門のお店』に行く方が良いでしょう。 

では『20歳以上』ならどうでしょうか。

この場合はアルバイトをしていて収入があれば審査に通る可能性も出てきます。ただし学生である以上、学業が本分になるので融資額はそこまで多くはありません。

この地点でキャッシングを利用しすぎてしまうと今後何かローンを組みたい時などに信用状態が悪くなってしまうので申し込みができなくなる可能性が高くなります。

ですので仮に審査に通ったとしても利用は最低限必要な金額にしておく方が良いでしょう。