ネットで「アコム」と検索すると、それはもうおびただしい数のサイトがヒットして表示されます。その多数のサイトは「アコムは借りやすい」であったり「アコムはおすすめです」などといったような内容を書いています。(中には逆説的なことを書いているものもありますが)

別に否定はしませんが、どこまでの確証を持ってそのような内容を書いているのかなという疑問は抱きます。

「じゃあ、このサイトはどうなんだよ」

といったツッコミがありそうなので、ちょっとした裏付けなるものを紹介して、その上で話しを進めていこうかなと思っています。

今、アコムを利用している人は何人いてるのかというと
2014年1月の時点で1,394,639人の方が利用しています(消費者向け無担保ローン)

その利用者に対していくら貸しているかというと7,063億9400万円を貸し出しています。
一人あたりの平均は約50万円ってところですね。

「で、肝心の借りやすいってわかるものは?」
と感じたと思いますので、その話をしていきます。

新規申込者数は33,908人

そのうち契約できた人数は何人くらいいたと思いますか?
ちょっと考えてみてください。

答えは15,737人です。

新規申込者数に対して46.4%つまり約半数は希望した金額じゃなかったにしろ契約ができたというわけです。確率的に言うと2回申込んだら契約できるという計算になります。

でもまあ、そう単純なものではありませんが…そして、新規で契約した人への平均貸出単価は14.7万円です。

ここまで出した数字(データ)を見てなんとなく自分も借りられるんじゃって気持ちになりませんか?

もちろん延滞しまくっていたり、短期間で申込みまくっていたりすると契約に至るのは難しいですが、特にそういったこともないという人なら若干ですが光が見えたんじゃないかと思います。

「はじめて」ならアコムがいいかもしれません

アコムの5月度マンスリーレポートが公表されました。

ザッと見た感じでは順調に推移しているのかなという印象は受けました。利息返還請求(過払い金返還請求)の件数に関しては前期とほぼ同じような動きをしているのですが、利息返還金の額は前年度比で16%増という結果になっています。

4月・5月の累計値に至っては件数は減っているものの利息返還金は前年同期比で10.7%増えていますので、このあたりはアコムとしては非常に気になっているところではないかと思われます。

ただ、前期末に利息返還損失分を繰入れしていることもあり、決算データ上は問題ないという見方もできます。

まあ今のところ順調といった感じですのでそれほどピリピリすることでもといったところでしょうか。

6月30日まで行なっている最大30日間金利ゼロキャンペーンの影響もあってか、4月・5月ともに申込数は前年同月比で17%前後の伸びをみせています。

ちなみに5月度は以下のようになっています。

新規申込数 ⇒ 41,942件
新客数 ⇒ 20,282人
新規貸付率 ⇒ 48.3%

申込件数が増えていることも然ることながら、新規貸付率が48.3%と高い水準を維持しているというのが驚きです。

大手の中でもダントツ高さを誇っています。プロミスがおよそ40%でアイフルが44%前後という数字と比較すればよくお分かりいただけるかと思います。

まあこのあたりは、はじめて借りる人には非常に有利にはたらくのではと思われますので、どこで借りようか迷っているならまずアコムを選択してみてはいかがでしょうか。