アコムの融資可能金額って?

アコムに申し込みをして審査に通ると担当のスタッフから審査結果の連絡が入ります。

審査結果の内容には『融資可能金額』が含まれているわけですが、この『融資可能金額』は申し込んだ人の経済状況等により変わってきます。

『いくらまで借りれるの?』というのは非常に気なる点ですが、申込み後審査をしている時点でさまざまな要素を考慮して決められているというわけです。

アコムが取り扱う商品はいくつかあるのですが、最も人気がある『キャッシング専用アコムカード』を例に『融資可能金額』についてもう少し詳しく説明します。

この『キャッシング専用アコムカード』は最高800万円までの融資が可能です。

可能なんですが・・・

実際に800万円の融資を受けるとなると条件が厳しくなってきます。その条件のひとつに『総量規制』というものがあります。

この『総量規制』というのは

借り過ぎや貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい制度のことで

具体的には貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新たな借入ができなくなるというものです。

融資の際、この『総量規制』に基づいて審査されるので最大500万円の融資を受けるためには最低でも1,500万円の年収が必要になるということです。

こういった点からも最高額の融資を受けることは決して簡単なことではないというわけです。

しかし逆に考えれば、最高800万円という融資可能金額の枠を与えることができるということはアコムがさまざまニーズを持ったお客様に対応えることができるということです。

アコムでお金を借りようとしている人すべてが最高額の800万円を借りようとしているわけではありませんよね。

少額でいいというケースもあれば、ある程度まとまった金額が必要というケースもあるでしょう。こういったケースにも対応してもらえることは借りる側としても非常にありがたいことです。

しかも利用する際は、ご利用限度額内の範囲であれば自由に利用することができます。

例えば、返済した翌日に急にお金が必要な状況になったとします。こういったケースはそう珍しいものではありません。

そういう時でもアコムATMや提携ATMへ行けば、再度借入ができるというわけです。

総量規制という制度が設けられて融資可能額の上限が抑えられるというデメリットはありますが、利便性等のメリットも十分ありますので利用限度範囲内で賢く利用したいですね。

アコムの融資を受ける前に行われる審査

アコムで融資をお願いする際は、当然ですが審査に通らないといけません。アコムの審査は、いわゆる一般的な消費者金融と同じようなスタイルですが、そもそもどのような点を見ているのか?

そして、審査の際はどのような点に注意しないといけないのかについてお話します。

まず、アコム側が見ているポイントですが『嘘の申告』は絶対にしてはいけません。

審査に通りたい一心で「借り入れ件数」「借入額」の申告する際に思わず『嘘の申告』をしてしまおうかと思ってしまいそうになるのですが・・・

これは絶対にやめた方がいいです。

審査の際は、申告した件数や金額が、実際の件数や金額と合致しているかどうか『個人信用情報機関』で照会を行い、しっかりとチェックされます。
※個人信用情報機関とは?

ですので嘘をついても、すぐにばれてしまうというわけです。

また、嘘の申告をすることによって信頼がおけない人物と評価されてしまいますので、せっかく経済的に有利だとしても、マイナスの評価になってしまいます。

それよりは、ありのままの件数と金額を申告する方が無難なのです。

アコム側としては、審査の際には借り入れ件数を見ています。借り入れ件数ですが、現段階で3~4件以上あると利用が厳しくなる可能性が高いです。

というのは、3件や4件の借り入れがあると返済が大変になってくるので、まずは件数を減らすことに焦点を置かないといけません。

借り入れ件数が減ってくれば、返済の際の負担も減ってきますしアコム側の評価も良くなってきます。アコムの審査では、融資をしてもきちんと返済できるかどうかという点から審査をしているのです。

アコムの返済方式について

アコムで融資を受けたら、必ず返済をすることになります。

初めてアコムをご利用される方にとってはややこしく感じるかもしれませんが一度慣れてしまえば大丈夫です。では、アコムにおける返済方式についてお話します。

アコムでは『定率リボルビング方式』という返済方式が採用されています。
※定率リボルビング方式とは?

これは、毎回決められた返済額を返済していく方式です。

毎回の金額が決まっているため混乱することはないですよね。また、利息分は返済金額の中に含まれていると考えて問題ありません。

この定率リボルビング方式で返済していくと借入残高が減っていくのと同時に返済する元金の割合が増えていくのです。というのは、借入残高が減れば、それだけ利息が減りますから利息の占める割合が減るという流れになるというわけです。

アコムでは、返済期日を選択することができます。返済期日は歩大きく分けて2つあります。

1つ目が、35日ごとの返済というパターンです。

この場合は、前回の返済の翌日から35日後に、次の返済をするという方法です。

2つ目が、毎月指定期日による返済です。

これは、前者の35日ごとの返済とは異なり、毎月返済する日が決まっています。

例えば、毎月25日の返済であれば、毎月25日までに入金します。この毎月指定期日返済を指定した場合、注意しないといけない点があります。

返済期日に余裕を持って返済しても、期日より15日以上前であれば、今回の返済とはならないので注意が必要です。また、銀行から引き落とす場合は、毎月6日の指定となります。

利息について

アコムにしてもそうですが、融資を受けるときに一番気になるのが『利息』ですよね。

『利息』の話は、返済方式のことについて理解するよりも難しく感じるかもしれません。というのは『利息』を計算するというプロセスが関わってくるからです。

しかし、利息の計算も実際に小学校で習った四則演算(+・ー・×・÷)ができれば問題ありませんし、もし計算が苦手なのであれば電卓や返済シミュレーターを使えば良いだけなので難しく考える必要はありません。

それではアコムの『利息』についてお話します。

その前に、まずは利息の計算についての公式を押さえてしまいましょう。

利息の計算は、うるう年以外の平年であれば
『借り入れ残高×借り入れ利率÷365×ご利用日数』となります。

うるう年の場合は
『借り入れ残高×借り入れ利率÷366×ご利用日数』となります。

この公式に当てはめれば算出できます。

アコムの利率は契約内容によって異なってきますが年率で4.7%~18%の間になります。ただし、契約限度額が100万円以上のお客様については年率4.7%~15%の間になります。

ここで一例を挙げてみましょう。

実質年率18パーセントで10万円を30日間、平年で利用したとしましょう。

この場合は「10万円×18%÷365日×30日」ですから、利息は約1,480円となります。

この例の場合ですと、10万円を利用して30日後には完済するというパターンですが分割で支払う場合は、その都度公式に当てはめて計算してみれば、より正確な数値を出すことができます。