rakutenvsacom

楽天銀行カードローンは入会するだけで楽天スーパーポイントが1,000ポイント貰えるという楽天独自のサービスと、カードローン面も他行のカードローンに負けず劣らずにハイスペックな設定となっており、着々と利用者を増やしてきている人気の銀行カードローンです。

スピーディーな融資が売りのアコムと、独自性の高い楽天銀行カードローンではどのような点が違うのかを比較・検証してみましたので、利用を検討されている方は参考にしてみて下さい。

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利・限度額・その他詳細

実質年率 融資限度額 融資時間 審査時間 無利息
4.9%~14.5% 10万円~500万円 最短即日 最短即日 無し
遅延損害利率 返済方式 WEB完結 総量規制
19.9% 残高スライドリボルビング返済方式 有り 対象外

楽天銀行カードローンは楽天スーパーポイントがついてくるという特徴があるという点以外でも様々な面で優れています。実際に利用するなら金利が低いほうが良いですが、楽天銀行カードローンは4.9%~14.5%と低金利設定ですし、最短即日融資も可能なのでスペックも問題ない設定となっています。

ただ、確実に即日融資を受けれるという訳ではなさそうなので、緊急時に使えるカードローンという訳ではなさそうです。

楽天銀行カードローンは【総量規制対象外】となり、専業主婦の借入や大口融資の借入希望にも対応出来る便利なカードローンとなっています。

>>楽天銀行カードローンの詳細はコチラ
>>アコムの詳細はコチラ

楽天銀行カードローンのデメリット

◆WEBからしか申込が出来ない

楽天銀行は店舗を持っていないのでWEBからの申込にしか対応していません。もし申込に関して不明点がある場合はメールで問い合わせるしか出来ませんので不便に感じるでしょう。また、WEBからのみなので自宅へカードが郵送される形になってしまいます。こっそりとお金を借りたい方にとっても不便と感じるかもしれません。

◆即日融資を受けれる可能性は低い?

楽天銀行カードローンは即日融資は可能となってはいるものの、実際にかかる審査時間等は明確にされていませんので確実に即日融資を受けれる可能性が高いとは言えません。

特に緊急性がある場合は楽天銀行カードローンに申込をする前に、即日融資を受けれる可能性の高い消費者金融に申込をしてみるのも有りだと思います。

楽天銀行カードローンのメリット

◆楽天スーパーポイントが貰える

楽天銀行カードローンに申込・入会をするだけで、楽天ショッピング等で使える楽天スーパーポイントを1,000ポイントプレゼントされるのでとってもお得です。年会費や入会費も無料ですので、現実1000円貰えたと考える事が出来ます。

入会以外でも、入会した月の利用残高によって楽天スーパーポイントが最大31,000付与されるので楽天ショッピングを頻繁に利用される方にとっては嬉しい特典となっています。

◆限度額300万円まで収入証明書の提出が原則不要

楽天銀行では限度額300万円までなら収入証明書の提出が原則不要となっています。最初の申込の時点で300万円を超える融資額を受ける事はほぼ不可能と言っても良いので、実質収入証明書の提出は不要と考えて良いでしょう。

ただ、審査の結果によっては300万円以下でも提出を求められるケースがあるようです。

◆借り換え・おまとめローンとして使える

楽天銀行カードローンには、おまとめ専用の商品こそ無いものの、公式サイトで借り換えやおまとめとしても使えるという事を記載しています。

借り換え・おまとめとして利用されたい方は、申込みフォームの目的という項目で借換を選択する事で借り換えローンとして利用する事が可能となりますので活用してみて下さい。

◆専業主婦も申込が可能

楽天銀行では専業主婦の方の申込も可能です。楽天銀行カードローンは専業主婦専用の申込みページがありますので、本当に申込が出来るか不安な主婦の方も安心して申込をする事が出来ます。

楽天銀行カードローンとアコムの様々な点を比較してみた

利用対象者について

  年齢 学生 主婦 専業主婦 年金受給者 パート・バイト
アコム 20歳~69歳 × ×
楽天銀行 20歳~60歳

楽天銀行は銀行カードローンですので専業主婦・年金受給者でも利用出来る特徴がありますが、年齢が60歳までですので、まず年金受給者の方の利用者は非常に稀です。

融資までの時間について

  審査時間 融資時間 WEB申込即日振込時間 自動契約機
稼働時間
アコム 最短30分 最短即日 平日14:00までに必要書類の送信完了 全日9:00~21:00
楽天銀行 最短即日 最短即日

とにかくスピーディーにお金を借りたいのであればアコムの利用をオススメしますが、翌日以降の借入になっても問題ないのであれば楽天銀行カードローンの利用で良いかと思います。

自動契約機が無い点やWEB申込で即日融資を受けれる時間帯などが明確化されていない為、確実に即日融資を受けれる保証は無いという点が少々残念です。

>>楽天銀行カードローンの詳細はコチラ
>>アコムの詳細はコチラ

電話連絡・郵送物について

  WEB完結申込 電話連絡 郵送物
アコム × 有り 無し ※
楽天銀行 ◯  有り 有り

楽天銀行カードローンはWEBからの申込に対応している為、自然とWEB完結申込となります。ただ、モビットと違い、WEB完結申込をしたからといって郵送物や電話連絡が無くなる訳ではありませんので注意が必要です。

こういった面でも急ぎで借りたり、こっそりと借りたい時はアコムの自動契約機を使って申込をする方法が早くて便利と感じます。

※事前にオペレーターの方に郵送物は無くしたいという事を伝えるか、自動契約機で直接カードを受け取るかの方法を取る必要があります。

金利・利用限度額について

  実質年率 融資限度額 総量規制
アコム 4.7%~18.0% 1万円~500万円 対象
楽天銀行 1.9%~14.5% 10万円~800万円 対象外

楽天銀行カードローンの金利は1.9%~14.5%と低金利設定となっています。アコムと比べると明らかに金利違い返済負担も異なってきます。

また、銀行カードローンですので総量規制対象外となり、年収の3分の1以上の借入は不可能という制限も一切ありませんから、申込し易いカードローンとなっています。

融資額については10万円からとなっていますが、ちょこっとだけお金を借りたい方には消費者金融の利用をオススメします。数万円程度の借入金でしたら銀行で借りても消費者金融で借りてもそこまで利息が変わらないので、素早く借入出来て利便性の高いローンの利用を選択すると良いでしょう。

楽天銀行カードローンの利用額ごとの適用金利
利用限度額 適用利率
500万円 4.9%~7.8%
350万円~499万円 4.9%~8.9%
300万円~349万円 4.9%~12.5%
200万円~299万円 6.9%~14.5%
100万円~199万円 9.6%~14.5%
10万円~99万円 14.5%

利用額に応じて適用される金利が簡単に分かると返済計画もたてやすいので、金利を確認して

50万円を借りて36回払いで返済する場合の各支払い金額を比較

  適用金利 月々の返済額 利息総額 返済総額
アコム 18.0% 18,076円 147,811円 647,811円
楽天銀行 14.5% 17,210円 119,563円 619,563円

楽天銀行カードローン返済方式:残高スライドリボルビング方式

 アコムと金利が3.5%の違いがあり、実際に返済総額も大きく変わってきます。アコムと楽天銀行の返済総額の差は約28,000円で、融資額が増えたり返済期間が長くなったりすると更に利息の差が出てきますので、大口融資を希望されている方は銀行カードローンの利用をオススメします。

楽天銀行カードローンの借入残高に応じた最低返済額
借入残高 毎回の最低返済額
10万円以下 3,000円
10万円超30万円以下 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円

リボルビング方式は最低返済額を続けて長期返済になればなるほど利子が高くついてしまいますので、返済するお金に余裕がある場合は、どんどん最低返済額に上乗せして返済していきましょう。

>>楽天銀行カードローンの詳細はコチラ
>>アコムの詳細はコチラ

さいごに

楽天銀行カードローンは借り換えローンやおまとめローンとしても使えますし、通常の借入でも低金利で借りれるのでお得にお金を借りたいのであれば利用する価値は十分にあります。

そして、楽天スーパーポイントを手に入れる為だけに申込をするのも有りだと思いますし、実際にポイント目的で登録される方も多いようです。

ただ、融資速度が早いという訳ではありませんので急ぎでお金を借りたい方はアコムの利用をオススメします。